FC2ブログ

一目均衡表とは?

一目均衡表はなんと日本人が開発したテクニカル分析です。
他のテクニカル分析と組み合わせることで威力を発揮します。

1936年に新聞記者だった細田悟一氏が発表したものです。

名前の由来は「買いと売りの均衡が破れた方へ相場が動く、というのが一目で分かる」ので一目均衡表と名づけられました。

MT4で表すとこれのことですね。
ichimoku.jpg

tokutyo2.jpg

一目均衡表は以下の複数の要素で成り立っています。

基準線---過去26日の平均上昇幅
転換線---過去9日間の平均上昇幅
遅行スパン---当日の終値を26日遡って表示したもの
先行スパン1---基準線と転換線の中値を26日先行させて表示したもの
先行スパン2---過去52日間の最高値と最安値の平均値を26日先行させて表示させたもの
----先行スパン1と先行スパン2の間のこと。これがサポートやレジスタンスの価格帯となります。

ichimoku1.jpg



一目均衡表ははっきりした見方、売買シグナルがあるものではなく(むしろいろいろありすぎる?)他のものとの組み合わせで自分で判断するパターンが多いです。

ただ雲を、サポート、レジスタンスとして見るのはスタンダードなことです。

特徴まとめ
・雲がサポート、レジスタンスの価格帯である
・雲が薄いと転換しやすい、または乱高下しやすい




tukaware2.jpg



使い方まとめ
・転換線が基準船を上抜けると「買い」下抜けると「売り」
・遅行スパンが雲を上抜けると「買い」下抜けると「売り」
・チャートが雲を上抜ければ「買い」下抜ければ「売り」
・雲が薄い部分、切れ目があれば転換のサイン
・ローソク足が雲の上にあれば上昇トレンド。下にあると下降トレンド(雲がサポート、レジスタンスになる)
・三役好転(絶好の買い場)---「転換線が基準線を上抜け」+「ローソク足が雲を上抜け」+「遅行スパンがローソク足を上抜け」で買い
・三役逆転(絶好の売り場)---「転換線が基準線を下抜け」+「ローソク足が雲を下抜け」+「遅行スパンがローソク足を下抜け」で売り



今日のドル円は雲に当たっていますね。ここを上抜けるのか、弾き返されてしまうのか。


merit2.jpg

●雲が視覚的に非常に分かりやすい
●トレンド転換も視覚的に分かりやすい



demerit2.jpg

●少し複雑で3つの線の区別がパッと見わかりにくい
●売買サインとしてはあまり使われない






最後までありがとうございました。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


FXで指標発表トレード・ベテランの裏ワザ
レポートダウンロードはこちら ↓  ↓  ↓  ↓
日刊メルマガ
↓↓通常メルマガ↓↓
メルマガ購読・解除
 
最新の話題
数字上、最も優秀なスキャルEAを
テストしたらこれだった
light-245588_640.jpg
アンケートランキング
>運用一覧はこちら<

読者様のアンケートに基づいた ランキング(2015/12月実施) ↓  ↓  ↓
★第1位 10票
初心者ならこれかも
年間で最も安定
>ランド円自分年金戦略EA_V2<


★第2位 7票
限定ナンピンマーチン
『VictoryFX Type1』

★第3位 6票
『SCSEAシリーズ/Dolphin等』(現在『IRU-CA』)

★第4位 5票
人気スキャル

>ForexWhiteBearシリーズ<
800本ご購入御礼!・Forex White Bear V3 | fx-on.com
↑V3
★第4位 5票
『Intelligent MultiTrader』
BandCross3 EURUSD 0.1ロットForex.comジャパン | fx-on.com

その他
アンケートランキングの結果は
こちらへ
最新記事
応援ポチっよろしくお願いします(^^)/
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

相互リンクは「お問い合わせフォーム」より申請願います
PR
fx-on.comお宝ページはこちら!
fx-on.comお宝ページはこちら!
ランド円専用ブログ開設 randlink.jpg
経済指標