FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

政策金利とは?

これは指標とは言われないようですが、変更されると最も市場にインパクトがあるのが政策金利です。

政策金利というのは「中央銀行が一般の銀行に融資する際の金利」のことです。

「??」
「一般市民とはあんまり関係がないのでは?」

と感じるかもしれませんが、私達が使う銀行の銀行が実施する政策なので、非常にインパクトがあるのです。
何のために「政策金利」を決めるのかというと「マーケットの金利を実体経済に合った水準に誘導するため」に決められます。

これらはお金を銀行から借りる企業にとっても非常に重要ですし、企業に重要ということは私達の生活にも大きく影響が及んでくることなのです。

さらにFXではおなじみ「スワップポイント」に影響を与える数値です。


-------------------------------------------
アメリカの政策金利
-------------------------------------------

言わずもがな、経済大国1位のアメリカの政策金利が特に影響が大きいです。

アメリカの政策金利はFRB(米国連邦準備制度理事会)によって
FOMC(連邦公開市場委員会)で決定されるフェデラルファンド(FF金利)の誘導目標金利となります。

FF金利というのは準備預金の過不足を調整するために、無担保で相互に貸し借りをする際に適用される金利のことです。

ワシントンの理事会議室で年8回、6週間ごとに開催され最終日の日本時間4時15分に結果が発表されます。
注目されるのは
・政策金利結果
・声明文
です。

内容によってはかなり動くので注意が必要です。




流れ

FOMCの結果は以下のような流れで発表されますので覚えておきましょう。

ベージュブックの公開-------FOMCの2週間前の水曜日


FOMC


FOMCの議事録の公開------FOMC後3週間



ベージュブックというのは12の地区連銀による地区連銀経済概況報告でFOMCの議論の元となります。
議事録の公開はFOMCである程度声明文と一致するので内容は予想つくのですが、大変注目度が高いので
詳細な内容によっては値動きが大きくなります。



------------------------------------------
ECBとBOE
------------------------------------------

ECB(欧州中央銀行)の政策理事会は毎月第1、第3木曜日に開催されます。

第一木曜に金融政策に関することが発表されますので日本時間22:45前後は注意が必要です。




BOE(イギリス中央銀行)の9人のメンバーのMPC委員会が政策金利を決定します。
基本的には毎月第1水、木曜日の2日間開催します。
ユーロの発表よりも若干早く発表されます。

ただし、この時は「政策金利」のみの発表で
その2週間後の水曜日に「議事録」が公表されます。この時にメンバー9人中何人が賛成したか?反対したか?ということで市場が大きく動くことがあります。


------------------------------------------
日本の金融政策決定会合
------------------------------------------


日本の金融政策決定会合は毎月2回くらい、2日間に渡って開催します。
メンバーは
・日銀総裁
・日銀副総裁----2名
・審議委員----6名


のイギリスと同じく合計9名で構成されていて多数決で決定され、名人が賛成した?反対した?などで市場に影響が行くことがあります。


会合後は政策金利に変更が無くとも、総裁の記者会見はすぐに行われます。

最近はこの記者会見によって円安に同意づくことがありますね。






------------------------------------------
中国
------------------------------------------

今後は中国の経済指標にも注目する必要が出てくるでしょう。
いずれ世界1位の経済大国になる可能性の高い国ですから必然です。

よく言われるのは以下

・人民元の切り上げ→円高になりやすい
・CPI,PPI,小売売上高等は、中国との貿易国1位の豪ドルに影響を及ぼします。






以上、これらは国のマクロ的な流れを読むものとしても非常に大切ですし
その時非常に大きく動くこともありますので押さえておきましょう。







Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


FXで指標発表トレード・ベテランの裏ワザ
レポートダウンロードはこちら ↓  ↓  ↓  ↓
日刊メルマガ
↓↓通常メルマガ↓↓
メルマガ購読・解除
 
最新の話題
数字上、最も優秀なスキャルEAを
テストしたらこれだった
light-245588_640.jpg
アンケートランキング
>運用一覧はこちら<

読者様のアンケートに基づいた ランキング(2015/12月実施) ↓  ↓  ↓
★第1位 10票
初心者ならこれかも
年間で最も安定
>ランド円自分年金戦略EA_V2<


★第2位 7票
限定ナンピンマーチン
『VictoryFX Type1』

★第3位 6票
『SCSEAシリーズ/Dolphin等』(現在『IRU-CA』)

★第4位 5票
人気スキャル

>ForexWhiteBearシリーズ<
800本ご購入御礼!・Forex White Bear V3 | fx-on.com
↑V3
★第4位 5票
『Intelligent MultiTrader』
BandCross3 EURUSD 0.1ロットForex.comジャパン | fx-on.com

その他
アンケートランキングの結果は
こちらへ
最新記事
応援ポチっよろしくお願いします(^^)/
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

相互リンクは「お問い合わせフォーム」より申請願います
PR
fx-on.comお宝ページはこちら!
fx-on.comお宝ページはこちら!
ランド円専用ブログ開設 randlink.jpg
経済指標

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。