ブレイクアウト

「ブレイクアウト」とは?

概要とメリット、デメリットをしっかり把握して
ご自分のポートフォリオに入れるか判断してください。



ブレイクアウトとは?



ブレイクアウトとは、
過去数日間の最高値を更新すれば、買うという手法
です。
逆に、過去数日の安値を更新したら売ることを、ブレイクダウンといいますがここでは同等にとらえて話を進めます。

もちろん更新することを見越してエントリーするものも含みます。



どのような特徴がある?



裁量トレードをやるプロは必ず意識しています。
実近の高値、安値。
レンジ相場を狙うならそこで逆張りを
そこでブレイクアウトするなら順張りで大きく利益を狙うのです。


ただしやはり「だまし」に合いやすいという特徴はあります。
「抜けた!」と思ったら戻った、みたいな(^^;;

私の印象ではこれは正直「古い」という感じがします。
結構昔のトレンドが形成されたらどんどん同じ方向に行く、というような分かりやすい相場の時に
このブレイクアウトは有効に機能しました。

正直この類いはあまり販売されていないのが事実ですし、
「今の相場では通用しにくい手法」
という印象はあります。

ただし、
だからといって今後全く使えない、という保障はないのです。

これは「ナンピンマーチンゲール」と対をなすタイプと言えるでしょう。
ナンピンマーチンゲールは値が戻ってくることを前提にしたロジックですからね。

おそらくナンピンマーチンゲールがピンチの時に
このタイプは利益をのばしていることが予測されます。

例えばいつか来るであろう「大円安」
ユーロ以上に危ない日本の財政難に世界が注目し始めて
円の信用がいっきに落ちることが来るでしょう。
その時今までの円高が嘘のように大きく円安になるでしょう。
これは歴史的に見て繰り返していることです。
その時にブレイクアウトは活躍するでしょう。


そういう意味で私は
「いつかは大活躍するかもしれないロジック」だと思っています。

自動売買の特徴としては
指値、逆指値をポンポンと置いては消し、置いては消し、という感じのものが多いです。


メリットとデメリットをまとめてみましょう。



メリット



◯ナンピンマーチンゲールが苦手とする相場に対応出来る。
◯優秀なEAならナンピンマーチンゲールのポートフォリオとして活躍出来る。
◯ ◯◯ショックの時に大きく利益にする可能性が高い。





デメリット



◯いつの高値安値にするかによって違ってくるが、取引が少ない。(最近の相場では)
◯騙しにあいやすい
◯指値、逆指値を置いていると業者側から見えるので、もし優秀なロジックの場合、対策される恐れがある。



主な自動売買ソフトは以下です。



CYCLONE-206PF -HLD Breakout-
剛 TREND MAX






少しでもためになったと思ったら応援クリックをお願いします/
↓    ↓    ↓
人気ブログランキングへ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


FXで指標発表トレード・ベテランの裏ワザ
レポートダウンロードはこちら ↓  ↓  ↓  ↓
日刊メルマガ
↓↓通常メルマガ↓↓
メルマガ購読・解除
 
最新の話題
数字上、最も優秀なスキャルEAを
テストしたらこれだった
light-245588_640.jpg
アンケートランキング
>運用一覧はこちら<

読者様のアンケートに基づいた ランキング(2015/12月実施) ↓  ↓  ↓
★第1位 10票
初心者ならこれかも
年間で最も安定
>ランド円自分年金戦略EA_V2<


★第2位 7票
限定ナンピンマーチン
『VictoryFX Type1』

★第3位 6票
『SCSEAシリーズ/Dolphin等』(現在『IRU-CA』)

★第4位 5票
人気スキャル

>ForexWhiteBearシリーズ<
800本ご購入御礼!・Forex White Bear V3 | fx-on.com
↑V3
★第4位 5票
『Intelligent MultiTrader』
BandCross3 EURUSD 0.1ロットForex.comジャパン | fx-on.com

その他
アンケートランキングの結果は
こちらへ
最新記事
応援ポチっよろしくお願いします(^^)/
ブログランキング
FC2 Blog Ranking
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

相互リンクは「お問い合わせフォーム」より申請願います
PR
fx-on.comお宝ページはこちら!
fx-on.comお宝ページはこちら!
ランド円専用ブログ開設 randlink.jpg
経済指標